お知らせビタミンE

ビタミンEオイルの使い方⑤ 「ハンドケア」

これからビタミンEオイルを使ってみたいという方に。
「ビタミンEオイルはどうやって使うの?」

「何に効果があるの?」

という疑問にお答えしていきます。

乾燥が増していくこの時期。
指や爪のささくれ、ひび割れが気になるようになりますね。
こまめに手洗いをして消毒をしていたり、
年末に向けて掃除を始めたりで手荒れも。

ビタミンEオイルは血行を良くしてくれるので、
ハンドケアにもオススメです。
また細胞の構成要素になるので、
新しい皮膚を作り出してくれます。

ビタミンEオイルはできるだけ手洗いのたびに

手に浸透させるのが一番。
セラリキッドなら早くに浸透してくれるので、
じっと浸透を待つ必要がなく便利です。
少し時間があるときはビタミンEオイルをたっぷり手に付けて、
上からビニール手袋や綿の手袋をしてパック状態に

してあげてください。

ビタミンEオイルをつけるときは、
手全体に塗るようにしましょう。
爪の際には入念に。
既にガサガサしているときは、何度か吸収させてください。
ビタミンEオイルの上からクルクルとマッサージすると、
より効果がUPします。

朝起きると手がこわばっている、
節々が腫れてきて痛みがあるという方にもおすすめ。
血流と一緒に痛み物質も流してくれるので、
痛みの軽減に繋がります。
ぜひ寒くなる前に始めてみてください。

おすすめ