お知らせからだのこと

ビタミンEオイルの使い方①「保湿」

これからビタミンEオイルを使ってみたいという方に。

「ビタミンEオイルはどうやって使うの?」

「何に効果があるの?」

という疑問にお答えしていきます。

 

 

一番多く使っていただいている

ビタミンEオイルの使い方は「保湿」

ビタミンEは脂溶性のビタミン。

私たちの肌は皮脂でコーティングされているので、

脂溶性のビタミンは肌なじみがいいのです。

反対に水溶性ビタミンは水なので、そのまま浸透はされません。

浸透させるために、誘導体として化粧品に配合されています。

脂溶性であるビタミンEはそのまま使用することができますが、

原液そのものはドロっとしています。

原液ビタミンEオイルはオイルやクリームなどの油脂と混ぜて

使いましょう。

ちなみにセラリキッドは

”アルガンオイルの約100倍”のビタミンEが配合されていますが、

そのまま混ぜずにお使いいただけます

 

 

化粧水で水分を入れたあと、すぐにビタミンEオイルを浸透させます。

肌が求めるだけ浸透させるのがオススメ。

手を温めてオイルを手にとったら、手を当てるようにして浸透させて

いきます。

ビタミンEが肌から浸透して、しっとり健康な肌へと導いてくれます。

 

今年の秋は、ビタミンEオイル美容に挑戦してみませんか?

おすすめ