お知らせからだのことビタミンEブログ

ビタミン E で生理の量が変わる?

ビタミン E は、黄体刺激ホルモンの分泌量を整えてくれます。 女性ホルモンの 1 種で
あるプロゲステロンをバランス良く分泌するように、黄体刺激ホルモンを調節するの
です。そのため、ビタミン E は、生理周期を整えたり、生理痛の改善や妊娠しやすい
身体づくりをしてくれることになります。

ビタミン E によって生理の量が増えたという方も、反対に量が減ったという声もある
のも、このためです。 普段から経穴量が少ない場合には、ビタミン E の調整作用によ
って量が増える可能性があります。 もともと多い場合は少なくなることがあります。
生理がくると腹痛や倦怠感などがあるため、この生理痛を何とかしたいと思うのです
が、日常的には忘れてしまいがち。ビタミン E も生理痛が起こってからでは遅いので、
普段からの摂取を心がけましょう。

セラでは、ビタミン E オイルを使って、毎日のお風呂上がりのスキンケアに組み込ん
でしまうことをオススメしています。
お風呂上がりの水分がまだ少し残っている状態で、全身にざっとオイルを塗っていき
ます。肌の健康を保ってくれたり、さらに血行促進をしてくれるので、一石二鳥です。
生理痛にポイントを置く場合には、おへそ周りや下腹部を重点的にビタミン E オイル
を塗ってください。温かい手で、たっぷりのビタミン E を吸収させるように手のひら
全体を当てます。ビタミン E オイルがなくなるまで、塗っていきましょう。子宮も冷
えていると機能が落ちてしまうもの。日頃からのケアが大切です。
特に生理中は腹痛や腰痛に悩まされるという方には、ぜひ毎日のケアをしてほしいと
思います。

おすすめ