エステ経営カウンセリング

カウンセリングツールを用意しましょう!

カウンセリングツールを用意しましょう!

トリートメントに入る前には必ずお客様にトリートメントの内容やコースの説明をします。
そのときに使用するのがカウンセリングツールです。

お客様に選んでいただく内容が多い場合や注意事項が多い場合、その場で説明すると長くなってしまいお客様が混乱してしまいます図式と簡潔な説明で分かりやすいように視覚に訴えるようにすると親切です。

ツールの内容としては、

  1. どのようなトリートメントなのか
  2. コースの内容(時間と価格を含む)
  3. トリートメントの流れ
  4. お客様に選んでもらう内容

が考えられます。
各1ページにまとめてあると見やすいでしょう。
トリートメントの説明(1)や流れ(3)は、お客様にとってはこれからどのようなトリートメントを受けることになるのかかわ分かり安心できる材料となります。コース(2)やお客様の選択肢(4)は、それぞれがどう違うのかをしっかり分けて説明があると分かりやすくなります。

ただ分かりやすいと思って作成したツールが逆効果になることも。
一つは、きちんとしたファイリングがされていなかったり、ラミネート加工が汚ないといった見た目が整っていない場合です。サロンの印象が下がり、清掃やリネンの清潔感まで疑わしく感じられます。もう一つは、ツールを見せることで、説明が充分だと思い込んでしまうことです。何度も説明しているセラピストは、当然頭に入っている内容でも、お客様は初めて聞く内容です。意外と理解できていないことも多いものです。
効果的にツールを使い、お客様に分かりやすく説明ができるようにしましょう。

おすすめ